2010年06月13日

リンジロー

長谷川りん二郎展へ行きました。

10613-1.jpg

たらこみたいな「猫」が新聞に載っていて興味があったけど、
平塚美術館は遠いので行くつもりはなかった。

「長谷川りん二郎展へ行きました、時間があれば、いかがですか。」
というお手紙をもらって、行きたくなってしまった。


最終日が近いので、混んでいた。
都内の美術館ではないのにすごい人。日曜美術館でやったようです。

画像がないけれど「紙袋」という作品が一番好きでした。
人が多くてじっくり見られなかったので、もう一度ゆっくり見たい。
平塚は終わってしまったから、下関か、函館か、宮城か。
宮城が一番近いな。


10613.jpg
「アイスクリーム」のカード1枚購入。見飽きない絵です。

posted by ina at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月02日

東京散歩

ゆりかもめで芝浦ふ頭へ。初めて降りました。

1062-1.jpg

レインボーブリッジ

「ゆりかもめで来たの?!かたつむりみたいに遅いじゃん」
と言われて、いやそんなのろくはない、かもめくらいな速さではある、
と思いました。眺めがよくて楽しいゆりかもめです。

帰りはのろいゆりかもめはやめて、
田町をぬけて有楽町まで歩きました。

1062-2.jpg

芝公園からの東京タワー。いつ見てもきれいだね〜



1062-3.jpg

包まれちゃった東京駅。


1062-4.jpg

なんだかわからない銅像と写真を撮るガイジン。
posted by ina at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月18日

Nombre&春駒

アトリエキクの郡上踊り手ぬぐい「春駒」が出来ました。


10518-2.jpg


今回は男性です。
細川たかしが踊っている感じをイメージして描きましたが、
出来上がったらそうでもない角刈りの男性です。



デザインは SOUVENIR DESIGN 武田さん。
ガーディアン・ガーデンで武田さんの個展-ノンブル-が開催されています。


10518-1.jpg


クールで美しい作品の中に、手ぬぐいも展示されています。
posted by ina at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月13日

ゲゲゲ

NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」を毎回見ている。


「もうこげなじかん」「ちょっこしね」
方言を真似して使っています。

壁にかかった一反もめんの絵が時々動くのが
ちょっこしかわいいです。

しげるさんが自転車を買って来てくれた時は泣けました。



10512-1.jpg

鬼太郎さん。これは中学の頃に買ったチョロじゅう。




10512-2.jpg

口から火花出ます。ゴジラなどもあった。
posted by ina at 10:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月10日

品川

またまたねえさんの手づくり市に遊びにいく。今回は品川。


品川駅から品川宿を散歩。
古い建物があり、車の通りが少ないので、いい散歩コースです。

10510-1.jpg



市が開かれているのは品川神社。七福神の町あるきのときも来ました。

10510-1i.jpg

急な階段を登ります。




アトリエキクの石けんと小物。

10510-2.jpg



ピンクとグレーのクレイソープ

10510-7.jpg



きれいなマーブル。

10510-8.jpg

ガスールクレイが入っています。




ヒロミさんのチテンゲ風呂敷。

10510-3.jpg

完売です。




派手なほろほろ鳥柄を買いました。

10515-6.jpg

これでゴムのショートパンツ作って、サッカーW杯を見ようかな。
気持ちはアフリカにいる気分になれるだろう。
SAMURAIブルーも入っているし。



市は4時で終了。その後お疲れさま〜で飲みに。
暑い1日だったので、昼頃からビールが楽しみでした。



hola!!パエリア!

10510-4.jpg

お米がかためですんごくおいしかったです。


ビール→白ワイン→赤ワイン→サングリア

10510-5.jpg


グラシアス。
posted by ina at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年02月26日

スノボと温泉

翌日は赤倉スキー場へ。

7年ぶりにスノーボード。
久しぶりで怖いのでコーチをお願いした。
ニトベさんの甥御さんはプロスノーボーダー。
やさしくわかりやすく根気よく教えてくださった。

10221-1.jpg


諸さんはスキー。
カメラを持って滑るところはさすが雪博士。
10本滑ったあとはへろへろしていた。


10221-2.jpg10221-3.jpg

Maple cafe でごはん。おいしいです。



10221-4.jpg

自衛隊が訓練をしていた。ウエアも迷彩。


コーチのおかげで急な斜面が怖くなくなった。
来シーズンからまたスノボやろうと思う。




10221-5.jpg

スポーツの後はおふろ、銀山温泉へ。
檜の露天風呂であったまる。



10221-6.jpg

花笠かぶった雪だるま。


10221-7a.jpg10221-7b.jpg

名物のおとうふを食べるニトベさんと諸さん。



10221-8.jpg

白鳥の湖へ。白黒のカモのような鳥がかわいい。



おみやげにおそばを買い、大石田駅から新幹線に乗る。
ニトベさんが見送ってくださる。またお会いしましょう。


新幹線降りたら、林家ぺー&パー子に会った。
全身ピンクだった。
posted by ina at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

雪国〜山形県編

雪の諸さんの手伝いで山形県尾花沢市へ。

宮沢地区共助による地域除雪実験
ー雪害による犠牲者防止に向けた対策ー


10220-1.jpg

こんなに積もるんです。


10220-2.jpg

開会セレモニーの後、作業開始。


10220-3.jpg

使い込んだ鉈。いかす。


10220-4.jpg

尾花沢市消防団のハッピ。いかしてる。



10220-5.jpg

赤い幟が目印です。


10220-6.jpg

かんじき。手作りだそうです。
丁寧で綺麗な作り。


10220-7.jpg

犬を飼っているうちが多い。
くろすけがしっぽを振っていたのでなでなで。



10220-8.jpg

おっかさんと話をする黄色い諸さん。


10220-9.jpg

おっかさんのスコップを借りて、雪を水に流す。
すべて水にながしてしまえ。



10220-10.jpg

おっかさんのうちの牛乳箱。木箱は貴重です。


10220-11.jpg

おっかさんのうちの流しのタイル。これもいいね。貴重だね。



後片づけの後、公民館で意見交換会。

10220-12.jpg


いろいろお世話になったニトベさんに、
「もう雪は降らないのですかね」と聞いたら、
「あとはなごり雪だねぇ…」とのお返事。イルカがうかぶ。



なおらいはどぶろくでスタート。
どぶろくしかなかった。口の中がぴりぴりした。
みずの実という初めて食べる山菜がおいしくて、
1袋おみやげにいただきました。

旅館に移動して、温泉→2次会→カラオケ。
声に出したい「なごり雪」。いま〜〜はるがきてぇ〜♪
posted by ina at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年02月12日

小村雪岱

先月の日曜美術館のアートシーンで見覚えのある絵が紹介された。
小村雪岱の「青柳」と「おせん」。

10212.jpg

過去にポストカードを買っていた。
セッタイという名は知りませんでした。


芸術新潮が特集なので迷わず買い、
埼玉県立近代美術館へ「小村雪岱とその時代」を観にいきました。

10212-1.jpg

「粋でモダンで繊細で」ほんとうにそのとおり。
筆で描いた線が美しく、失敗しちゃった風なところはないかと舐めるように観ましたが、ありませんでした。あるわけないか…。

小鳥の装丁がたいへんかわいらしく、
乙女が「かぁ〜わいぃ〜〜」と喜びそうです。


10212-2.jpg

もやしのようなはだかのおせんが好きです。(写真は芸術新潮より)
昔の日本女性はこんな体型だったのでしょう。着物が似合う肩です。



図録が完売で、増刷の予約をしている人がたくさんいました。
レストラン・ペネロペの玉葱パンがおいしかったので、
持ち帰り用に買いました。

posted by ina at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年01月28日

雪の動物園

旭川からバスで旭山動物園へ。


帽子かぶって準備万端。

azoo1.jpg

諸橋ペンギンさんと滝沢シロクマさん。


azoo2.jpg

雪の中でもソフトクリーム食べるニックンは、アゴの下がつらら。
だいじょうぶかい?


azoo3.jpg

ホッケたべてまるまるのゴマアザラシ。


azoo4.jpg

元気なしろくまの泳ぐ姿。耳がかわいい。


azoo5.jpg

雪を手で掘っていい形を作り、そこに横になるシロクマ。極楽顔。


azoo6.jpg

遠い目をした鹿。


azoo7.jpg

サルは3,4ひきずつかたまって動かない。真ん中は暖かくていいね。


azoo8.jpg

ペンギン散歩。ウレタンの着ぐるみのよう。
TDLのエレクトリカルパレードのように、観客が道路沿いにびっしり。


azoo9.jpg

和服の柄のようなペンギンの毛。足首けっこう太いのネ。


azoo10.jpg

笑っているみたいなホッキョクギツネ。かわいい。


azoo11.jpg

かっこいいオオカミ。


3時半閉園。
白クマシュークリームを食べて、バスで空港へ向かいました。
みんな元気でね!
posted by ina at 23:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

雪国〜北海道編

雪の諸さんの仕事の手伝いで北海道中川町へ。

羽田から旭川空港へ。
旭川の天気が悪く場合により千歳に着陸するかもしれないというアナウンス。
千歳に着いて予定変更も困るが、旭川はどれだけ吹雪いているんだろ…心配。
予定通り旭川に着いてホッとする。

バスでJR旭川駅に向かう。

nak1.jpg

銀世界。広い。


駅で塩ラーメンを食べる。
旭川はしょうゆラーメンのようですが、塩がすき。

nak2.jpg


特急サロベツに乗って天塩中川へ。
のんびりしていたら自由席がうまってしまった。
諸さんと滝沢さんはうまいこと席ゲット。

空いたら座ればいいとドア付近で立っていた。
そこには私と同じく席取りに負けたおじさん2人と、
機嫌が悪くものすごい声で泣く子供とあやす母がいた。
私もチビのときこんなことしたのかもなと、母を想ふ特急サロベツ。
車掌さんが通ったので指定席に変えてと頼んだ。席ついて寝る。

駅に役場のかたが迎えにきてくださる。
そのあと座談会。正座をしていたらしびれてしまった。

夜はみんなで駅前の中華料理店へ。
車降りてから5分くらいの徒歩移動の時は半端なく寒かった。

nak3.jpg

-10℃はあったと思う。

陳健一さんのところで修行していたという若旦那がつくるおいしー中華。
メニューにタコザンギというのがあり、ザンギってなんですか?と聞いたら、唐揚げのこと、だそう。タコ唐。ザンギ ウィキ便利。
中川町の話、酪農の話、痛風の話、など。おだいじにしてください。

ホテルに帰り、すぐお風呂。大浴場ひとり占め。
風呂上がりに北海道限定ビールで2次会、2時に就寝。

nak4.jpg

かわいい浴衣。テリジノサウルス。


翌日。
早起きして朝風呂。大浴場ひとり占め。
朝食のあとタクシーで駅へ。

nak5.jpg

天塩中川駅の待合室にて。諸さんの頭をストーブで焼いているところ。


だんだん気分が悪くなる。思い当たるは朝食のとろろいも。
とろろいもは好きなのに食べると気分が悪くなる。
特急に乗って、いよいよトイレに特急かけこみしそうだったけど、
2時間寝てたらなおった。もうとろろいもは食べないと決めた。



nak6.jpg

空港で買った中川のチーズ。
中川町産だと思っていたけど、中川郡でした。十勝です。
北海道はでっかいんだど。




nak7.jpg
posted by ina at 22:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年01月21日

DAHLE166

100118-1.jpg

欲しかった鉛筆削りを買った。
使いやすそうな小さい方か、デザインのいい大きい方かでずっと迷っていた。
お店に行ってどっちにするか悩んでやめるというのを繰り返して数ヶ月。
永遠に迷いそうなので、こんどこそ買うと決めてお店に行った。
10分くらい悩んで大きい方にした。


100118-2.jpg

小型鉛筆削り。お役御免。
posted by ina at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年01月12日

Eric Rohmer

エリック・ロメール監督が亡くなってしまった。
学生のころ、シネヴィヴァン六本木でロメール作品をよく観ていた。


100112-1.jpg


パリで初めて観た映画がロメール監督の「恋の秋」。
字幕なしでは半分くらいしかわからず、
自分のフランス語力にがっくりした秋。


100112-2.jpg


「浜辺のポーリーヌ」の本。おととい数年ぶりにひろげたところだった。
posted by ina at 22:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2010年01月06日

atelierKIKU

郡上踊り手ぬぐいがatelierKIKUオンラインショップで販売中。

私はピンクが気に入っています。
温泉でお使いください。湯船に入れちゃダメ。


100106.jpg
posted by ina at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年01月05日

2010年

あけましておめでとうございます


100105.jpg


楽しい1年になりますように
posted by ina at 11:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月08日

大地の芸術祭

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2009に行ってきました。


見たかったのは、NHKの日曜美術館で見た、絵本と木の実の美術館

daic1.jpg

廃校になった木造の小学校が美術館に。



入り口
da2.jpg

「やりぬく子」。
小学校の卒業生はみんなやりぬく子になったかな?
やりぬくってけっこうたいへん。



広い講堂には、鮮やかな流木が浮かんでいる。上下に動く。

da3.jpg




教室には青いキョロ目のおばけ。

da4.jpg


日に焼けた張り紙がいい味。コン・コン。

da5.jpg




蜂の大群のような作品。

da6.jpg


1つ1つが木の実です。精子みたいだった。

da7.jpg







da8.jpg

da9.jpg

da10.jpg


流木って骨みたい。
流木が骨っぽいのか、骨が流木っぽいのか。




da11.jpg


学校に残された道具なども展示の中に。
顕微鏡、星座早見表など。



da12.jpg

トイレ。

「あける自由、しめる責任」
なんだか入りづらいですね。プレッシャー。




小学校の外には霧を作って虹を見せてくれるインスタレーション。
虹色の蛇

da13.jpg


ちょうど太陽が出て来て、見に来た人の歓声があがっていました。


da14.jpg


こんな、大人気。


大地の芸術祭は9/13まで。
今年は秋編10/3〜11/23も開催のようです。
稲穂が実る大地もスバラしいですよ。
秋の小旅行に是非。
posted by ina at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月25日

銀座とモナコ

銀座や京都のような碁盤の目の道が苦手です。
地図があれば目的地に行けるけど、記憶にたよるとたどりつけない。

画材屋に行こうとして横を通ったのはギンザグラフィックギャラリー。
閉館まで30分足らずだったので一瞬入るの迷ったけど引き寄せられました。

ラストショウ・細谷巌アートディレクション展


アートディレクターが「これ」と決める「これ」はなんなのでしょう?

ギャラリーでもらった作品解説がまたかっこいい。
隅から隅まで何度も読んでしまいました。

825-1.jpg






銀座に出るとよく行くのはオーバカナル

オーバカナルは昔原宿にもあった。
なくなってしまって残念です。

雰囲気はフランスのカフェのよう。
店員さんはオーダーのときにフランス語です。


825-2.jpg


ビールとざくろのシロップを割った
モナコというドリンクが甘くてかわいくておいしい。
プチバカンスではよく飲みました。



825-3.jpg


フレンチフライはマックLポテト2倍くらいの量。
向かいの通りを通る人々がその量にびっくりしています。
ディジョンのマスタードがビンで出てきます。
辛くないので、つけすぎちゃってこまるの。
posted by ina at 23:43| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月05日

長岡花火大会

8月2日、諸橋さん企画の長岡まつり大花火観戦&中越地震仮設住宅体験ツアーに参加しました。


長岡駅には花火の模型がありました。

82-1.jpg

大きな玉の中に小さな玉がつまっています。
パックマンみたい。


多世代交流館になニ〜ナにみんな集合。
高田社長&史子さん、日置さんウラ藝助手の堀口さん&遠藤さん、美術予備校時代からの友人トッキー


82-2.jpg


バスに乗って河原まで。

82-3.jpg


私たちしか乗客のいないバスで写真を撮る諸橋さん。

82-4.jpg

遠足みたいで楽しいな〜と思っていたら、長岡駅前でバスは満員。



花火大会でたいへんなのは場所取り。
長岡技術科学大学の学生さんが14時から場所取りをしたところをおじゃました。
大学生のみなさん、本当にどうもありがとうございました。
お酒やつまみの買出しも大変だったことでしょう。
長岡技術科学大学の上村先生に初めてお会いしました。はじめまして。


つまみとお酒ではらぺこを落ち着かせ、ハッピー気分になってきたところで花火スタート。

82-5.jpg

この火ひとつひとつ、花火師さんが詰めたのですよ。


82-6.jpg

ちょうちんがいつもブラブラ。


82-7.jpg

天地人という花火がこれでもか、まだやるか、そんなにあげちゃっていいんですか?というほどに連発な作品。最後には叫び声が出てしまいます。かねつぐぅ〜〜


82-8.jpg

色付きの花火を見るとアイスの宝石箱を思い出します。


82-9.jpg

超ブレブレだけど、人がたくさんいるのがわかるでしょうか。


あとのこりわすかなところで、ザザー大雨。
びしょぬれになりながら、ナイアガラ花火をやった長〜い橋を渡って帰りました。

82-10.jpg




宿泊したになニーナは中越地震仮設住だったところ。
あのときの小さな男の子は大きくなったかな…。


82-11.jpg

広くて快適な部屋で飲みの続き。
レディースは朝5時までトーク。




個人的反省点として、メガネをなくしたこと。
花火の時は使っていたのに大雨のあとなかった。
翌日も服が乾かなくてねまきで帰ったこと。
ねまきっていってもパジャマじゃないですよ。ヨレヨレの服。



posted by ina at 23:39| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

2009年07月27日

郡上八幡

岐阜県の郡上八幡で毎年夏に郡上踊りがあります。
400年以上の歴史があり、お盆には徹夜踊りがあるそうです。

郡上出身のねえさん(ねえさんといっても私の姉ではなくて、ねえさんとみんなによばれている学生時代の背の高い友人。ちなみに年下)が郡上踊りの手ぬぐいを作りたい、とのお話をいただいたのは、春だったかな。

紺、ピンク、グレーの手ぬぐい。踊りのイラスト描きました。

0727-1.jpg

「かわさき」というのは郡上踊りのひとつ。踊り方は10種類あるそうです。



広げるとこんな感じ。

0727-2.jpg

かわさきの踊り方。



半々で色が違うのは、

0727-3.jpg


首から下げるとこんな風になる。ねえさんのアイデア。



コソドロにも使えるよ!

0727-4.jpg

*モデル瀬尾さん



石けんのラベルのイラスト4点。郡上八幡の名所。

0727-5.jpg

石けんはねえさん手作りの無添加。
ラベンダー、あずき、ミルク、など種類たくさん。10種類くらい。



手ぬぐいと石けんが箱に入った「ゆけむりセット」もあります。

0727-6.jpg

photographed by seo hiroaki



郡上八幡のお店などで販売中。
手ぬぐいを首にかけて、徹夜で踊ってくださいね。

posted by ina at 01:42| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2009年07月12日

savignac

ノルマンディー地方のトゥルーヴィルへ。

以前買った芸術新潮のサヴィニャック特集号に、
サヴィニャックが晩年暮らした街を訪ねるページがあり、
いつか行こうと思っていた。

sav1.jpg



トゥルーヴィルは10年前に1度海水浴に行った。
その頃はサヴィニャックが住んでるとは知らなかった。

青地に二羽のカモメの街のマークがとてもかわいくて印象的だった。
後から知ったがそれもサヴィニャック。


sav2.jpg




芸術新潮の地図を見ながらサビニャック探し。
あっちにもありこっちにも。

af1.jpg

af2.jpg

af3.jpg

af4.jpg



海辺の木の歩道はプロムナード・サヴィニャックという名前。
そこにもたくさんポスターが並んでいる。

肝心なところでデジカメがフル。
大事なところであーあ、っていうのはもう慣れてる。
れいちゃんに写真まかせた。

炎天下を海水浴もせず街を歩く。
ひととおりまわってサヴィニャックも通ったという
レ・ヴァプールというブラッスリーへ。


vap1.jpg



海なので魚介を頼む。

vap2.jpg

牡蠣。うま〜い!


バターのカバーの紙までサヴィニャック!

vap3.jpg

うれしくてきれいにふいて持って帰ってきたけど、どっかいっちゃった。
どこにしまったっけ。
お酒はシードル。甘くなくておいしかった。



vap4.jpg

魚の名前がよくわからないので、予想で頼んだメインは、うまいうますぎる。
マヨネーズと粒マスタードを混ぜたソース。


カフェ

vap5.jpg

またかわいいの登場。サヴィニャックのチョコ。


vap6.jpg

お店の中もポスターでいっぱい。


観光案内所でグッズを買ったら、ポスターや冊子をくれた。
日本語に訳したものもあって、きっと芸術新潮のおかげですね。
posted by ina at 04:10| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

列車に乗って

*モンサンミシェル

世界遺産のモンサンミシェル修道院へ。
昔バスツアーで行った事があり、片道4時間座りっぱなしのバスと、ツアー客みんな同じメニューの選べない昼食に嫌気がさし、今度行く時は電車にしようと決めていた。

ギリギリセーフで飛び乗ったTGVでは爆睡、
レンヌでバスに乗りかえてうつらうつらしてたらモンサンミシェルが見えて来た。

北は寒かった。セントジェームスの長袖と靴下を買う。
れいちゃんも襟巻きを買って、シマシマな私たち。
同じように現地調達したのであろうシマシマ仲間がけっこういた。


mont2.jpg

修道院からの眺め


旅の同行者、麗子さんは写真を撮りまくっていた。


mont1.jpg

大胆なモンサンポーズをとってくれました。(やってとお願いした)


昼ご飯はクレープのムニュ。
名物のスフレのように膨らませたオムレツは
いまいちという噂を聞いていたのでやめておいた。

友だちのhikarinがJAPAN EXPOというイベントに招待参加されてパリに来ていた。
イベントが終わったらモンサンに行くと言っていて、
オムレツ食べたらいまいちだったとブログに書いてあった。

次回は夜に行って泊まってみたい。



*ジヴェルニー

モネの代表作「睡蓮」のお庭のあるジヴェルニー。
蓮やバラの花は終わってしまっていたけど、美しいお庭でした。


mo1.jpg



ピンクと緑のかわいいモネの家の中は、浮世絵がたくさん。
ちょっとした浮世絵美術館。


mo2.jpg


フランス人が「なんでこの絵は青ばかりなんだ?」と聞いて来た。
そんなことしらね、家帰って自分で調べな。と言いたかったけど、
「知りません」とだけ言っておいた。
フランス人、納得いかないご様子。

「赤は日に焼けて色がとんだのではないか?」
「モネは青が好きだったのかも」
という気の利いた答えをしなかったことに後悔した。

帰りの列車の待ち時間にヴェルノンの駅前のカフェで休憩。
のんびり田舎のおじさんたちがにこにこしていてやさしかった。





posted by ina at 02:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記